資格取得により給料が月10万アップする話 - kimgonblog
2021年8月14日

資格取得により給料が月10万アップする話

「資格なんて意味がない!」と言われている昨今において、資格取得を進める理由についてまとめました。

お金の画像

資格取得により人生が好転する話。

現在、IT企業で働いており、そこで得た実体験や周囲から見聞きした内容をもとに作成しています。

資格取得をするべきか悩んでいる人の助けとなれば幸いです。

読んで欲しい人
  ・ IT系資格を取得するか悩んでいる人
  ・ 資格取得によるメリットがわからない人
  ・ IT企業に入社を考えている就活生、準就活生

意味がないと言われがちな資格取得もメリットがモリモリです。

それではさっそくまとめていきます。

目次

  1. 「資格取得に意味がない」と言われる理由
  2. 資格を取る一般的なメリット
  3. 給料を月10万アップさせる方法
  4. まとめ

1. 「資格取得に意味がない」と言われる理由

昨今、主要人が「IT資格取得には意味がない」と発言する理由は下記の一点に尽きると思います。

スキルが身につかないから

私はこの意見に反対するつもりはありません。

むしろ、おっしゃる通りだと思います。

しかし、この意見を鵜呑みにして資格を取得しないのは現実的ではありません。

ものすごく損をしていると思います。

ではなぜ私がこのように思うのかを以降にまとめました。

2. 資格を取る一般的なメリット

一般的に資格取得のメリットは大きく分けて下記の二つあります。

2.1 知識が身に付く

資格サイトにはその資格を取得することで身に付く内容が示されています。

例えば基本情報技術者では「3. 期待する技術水準」として書かれています。

また、仕事に関する資格を取ることによって仕事の理解度が深まり、仕事を通じてアウトプットも可能です。

資格でざっくりとその分野をインプットし、業務を通じてアウトプットと細かいところのインプットを行えば

一石二鳥どころの話ではなくなります。

2.2 評価が上がる

資格を取ると当たり前ですが社内での評価はどんどん上がります。

それもそのはず、上司や周りからは

「自己研鑽を積んでいる」、「意識高く仕事に取り組んでいる」

と評価されるからです。

企業としても上司になる人には肩書きを求めますから、昇進・昇格にも大きく影響します。

さて、ここまでは一般的に知られているメリットです。

ではどのようにして月10万円もアップするのでしょうか?

3. 給料を月10万アップさせる方法

先に答えを言っちゃいます。

とにかく資格を取りまくる

資格を取る社会的最大のメリットはこれまでに話た内容ですが、リアルな最大のメリットはお金がもらえることです。

というのも、企業によっては資格取得によって手当が出るところが多くがあります。

例として、ITパスポートなら3000円/月 、基本情報技術者なら5000円/月 upといった感じです。

このように、手当がもらえる資格を取りまくれば月10万アップは普通にいきます。

正直、10万もアップすれば人生が変わりますよね。

注意点

ここで一つ注意して欲しいことがあります。

それは資格手当と報奨金の違いです。

資格手当は上記のように月の給料が一定額上がるのに対し、報奨金は一時的に支払われるお金です。

例えば、基本情報技術者合格すると25000円が報奨金としてもらえたりします。

正直、報奨金はあまり美味しい話ではないです。

資格取得で給料アップを目指す方は就職する企業に必ず確認するようにしてください。

4. まとめ

ここまで読んでくださった方には資格を取る意味が十分にあることを理解していただけたと思います。

もし、今から自分に何か投資をしたいと考えているのであれば資格を取るのも一考してください。

「資格を取りたいけど何とれば良いかわからない」

という方は、ITパスポートをお勧めします。

範囲が広く、勉強に時間がかかるかもしれませんが最新のIT知識もまとめて学べるすごくコスパのいい試験なので。

そして、ITパスポートを合格した方、すでに持っている方は基本情報技術者に挑戦してみてください。

基本情報と勉強方法は以下を参考にしていただければ幸いです。(この二つを取れば月1万円アップはかたいです)